猫のことわざ・故事成語

犬猫も三日飼えば恩を忘れず

犬猫は三日扶持すれば恩を忘れず

犬猫にも馴染めば思う

説明 猫的解釈 雑学 文例

【意味】

犬や猫でも三日可愛がって飼えば、 主人を思うようになり、その恩を忘れない。

まして人間は恩知らずになってはいけない、 恩を受けた人には感謝の気持ちを忘れてはいけない、という教え。

犬猫も三日飼えば恩を忘れず

【類】

-

【対】

-

【外国では】

-

トップに戻る

【猫的解釈】

3日も美味しいごはんやオヤツをくれた人を、猫が忘れるはずないでしょ!

それよりも、ニンゲンの方が忘れっぽいニャ。猫の顔を覚えられないニンゲンはとても多いニャ。車にオシッコしたのは白吉なのに、ボクが怒られたり、ボクが花壇にウンチしたのに、トラが怒られたり、トラが柱に爪とぎしたのに、白吉が怒られたり。

どーして猫の顔が覚えられないにゃ?

トップに戻る

【雑学】

雑談

諺に「猫は三年の恩を三日で忘れる」というのがあるが、あれはウソだ。

3年どころか、1回でもおいしいご飯をあげた野良猫は何日もちゃんと覚えていて、顔を見ればニャーニャー嬉しそうにすり寄ってくる子が多い。 まして3年もご飯をあげ続ければ、その後ながらく音信不通でも会えばちゃんと思い出してくれる。

どちらかといえば、猫よりも、人間の方が忘れてしまって猫の見分けがつかなくなっている事の方が多い。

また、ふだんは人馴れせず寄りつかない野良猫でも、怪我や病気でどうしようもない状況になると、昔親切にしてくれた人のところへ、ヨロヨロと頼って来ることがよくある。 実に賢い。

そんなときは、どうぞ、保護して治療してあげてくださいね。 猫の神様はちゃんと見ていますから。

トップに戻る

【文例】

著者名
「書名」 page ISBN: 書評

(準備中)

トップに戻る

Google
Web全体 猫事典! 猫とネコとふたつの本棚

 


[ PR ]

猫バナー