猫のことわざ・故事成語

鳴く猫鼠捕らず

説明 猫的解釈 雑学 文例

【意味】

口数が多く自己宣伝をする者に限って 実行力がなく、実際の役にたたないということ。

【類】

鳴かぬ猫は鼠を捕る なかぬねこはねずみをとる

喰い付く犬は吠え付かぬ くいつくいぬはほえつかぬ

吠える犬は噛みつかぬ ほえるいぬはかみつかぬ

能無し犬は昼吠える のうなしいぬはひるほえる

能無し犬の高吠え のうなしいぬのたかぼえ

能無しの口叩き のうなしのくちたたき

口では大阪の城も建つ くちではおおさかのしろもたつ

【対】

猟ある猫は爪を隠す りょうあるねこはつめをかくす

能ある鷹は爪を隠す のうあるたかはつめをかくす

上手の鷹が爪かくす じょうずのたかがつめかくす

【外国では】

-

トップに戻る

【猫的解釈】

おしゃべりな猫は、かわいいって意味ニャ。

猫

現代の猫は、ネズミを捕らない方がありがたいのです。 血だらけのネズミが枕元にあったらギャ~~なのです。 今は、ネズミとお友達の猫こそ良い猫なのです。 そしておしゃべりの猫はきゃわいいのです♪

トップに戻る

トップに戻る

【文例】

著者名
「書名」 page ISBN: 書評

(準備中)

トップに戻る

Google
Web全体 猫事典! 猫とネコとふたつの本棚

 


[ PR ]

猫バナー