猫のことわざ・故事成語

猫にもなれば虎にもなる

説明 猫的解釈 雑学 文例

【意味】

同じ人が、時と場合により、または相手の態度によって、おとなしくもなれば、凶暴にもなること。

茶トラの子猫

少年よ、大志を抱け!・・・あ、この子は女の子でした。

【類】

鬼にもなれば仏にもなる おににもなればほとけにもなる

大人のトラ猫達

大人猫達は、猫が良いと、悟っているようです。

【対】

-

【外国では】

-

トップに戻る

【猫的解釈】

 

トップに戻る

【雑学】

ネコとトラ

ネコ(イエネコ)もトラもともに食肉目ネコ科の動物である。

どちらも完全な肉食獣。 完成されたハンターとして、しなやかな体は強靱な筋肉に被われている。

爪は出し入れ自由で、舌はザラザラ。 基本的に単独生活者で、縄張りをもち、狩りの方法は待ち伏せ・忍び寄り型。

マタタビに反応することも同じだ。

一方、ネコとトラの違いはといえば、一番はやはりその大きさだろう。

イエネコは通常3~5kg、最大種でも10kg程度だが、最大種のシベリアトラ(別名アムールトラ)は384kgにも達するという。

ネコの耳先は三角だが、トラの耳先は丸い。

ネコの瞳孔は楕円形だが、トラの瞳孔は円形。

ネコは全世界で繁栄し数を増やしているが、トラはどの種も絶滅したか、絶滅寸前である。

というか、イエネコ種以外のネコ科のすべての種が 絶滅のおそれがある動物として、ワシントン条約で 取引規制されているのが現状なんですけどね。(涙)

【参考文献】
●『野生猫の百科』 今泉忠明著 データハウス

トップに戻る

【文例】

著者名
「書名」 page ISBN: 書評

(準備中)

トップに戻る

Google
Web全体 猫事典! 猫とネコとふたつの本棚

 


[ PR ]

猫バナー