猫のことわざ・故事成語

猫の子も只は貰えぬ

説明 猫的解釈 雑学 文例

【意味】

何を貰うときも、無料で貰うことはできない、必ず謝礼が必要だ、ということ。

【類】

-

【対】

-

【外国では】

-

トップに戻る

【猫的解釈】

猫

トップに戻る

【雑学】

ペットにかかる費用

アニコム損害保険株式会社のアンケート調査によれば、 「約半数の飼い主が、年間10万円以上をペットのためにかけている」 という結果が出たそうです(2008年1月30日)。

これは猫だけでなく、犬その他、様々な種類の“ペット” すべてひっくるめての調査結果ですが、それにしても 月1万円くらいですから侮れない金額です。

また、動物医療費は高額です。 大きな病気や怪我をすれば、すぐに 数万円~数十万円もかかってしまいます。 それは、里親募集などで無料で譲り受けた子猫だろうと 何十万円もするような、チャンピオン猫直系の子猫だろうと 医療費の金額はかわりません。

間違っても、某テレビCMのように、ローンを組んでまで 血統書付きのペットを購入するなんて バカな事はしないで下さい。 購入に何十万ものお金をかけるのではなく、 里親募集などで不幸な子猫を譲り受け、 その後の生活を豊かに過ごさせてあげてください。 その方が人も猫も幸せになれます。

トップに戻る

【文例】

著者名
「書名」 page ISBN: 書評

(準備中)

トップに戻る

Google
Web全体 猫事典! 猫とネコとふたつの本棚

 


[ PR ]

猫バナー