猫のことわざ・故事成語

猫の首に鈴

猫の首に鈴を付ける

説明 猫的解釈 雑学 文例

【意味】

計画の段階ではとても良い案に思えるのだが、いざ実行しようとすると非常に難しいこと。

誰も実行できる人がいないこと。

鼠たちが、猫の近づくことがわかるように、猫の首に鈴を付けようと決めたが、それを実行できる鼠が一匹もいなかったことという ラ・フォンテーヌ(フランス、1621-1695)の『寓話 』からでたことば。

【類】

言うは易く行うは難し いうはやすくおこなうはがたし

【対】

-

【外国では】

(英)Bell the cat. 直訳:猫に鈴をつける。

-

トップに戻る

【猫的解釈】

そうでなくても可愛い猫が、鈴をつけるともっと可愛くなる、という意味にゃ。でも、鈴ってうるさいから、本当は迷惑なのにゃ。

首輪に鈴をつけた子猫

トップに戻る

【雑学】

トップに戻る

【文例】

著者名
「書名」 page ISBN: 書評

(準備中)

トップに戻る

Google
Web全体 猫事典! 猫とネコとふたつの本棚

 


[ PR ]

猫バナー