猫のことわざ・故事成語

猫を被る

猫被り

説明 猫的解釈 雑学 文例

【意味】

見かけは大人しい猫のように、特定の前では本性を隠して大人しくしているたとえ。

表面的には柔和な顔つきをして穏やかに振る舞うたとえ。

また、事情などを知っているのに、とぼけて知らないふりをするたとえ。

*「猫」については、「ねこ=わらで編んだむしろ」をかぶる意、とする説もある。

猫に覆いかぶさる猫

猫が猫をかぶる・・・笑

【類】

仮面を被る かめんをかぶる

皮を被る かわをかぶる

【対】

-

【外国では】

-

トップに戻る

【猫的解釈】

猫に覆いかぶさる猫

そうだね。猫が猫を被る必要はないね(まして本物の猫を)。

猫に覆いかぶさる猫

大人猫は子猫のやんちゃにはかなわないようです (^o^)

トップに戻る

【雑学】

浮世絵に描かれた猫諺

江戸時代の浮世絵師、歌川国芳による『たとえ尽(つくし)の内』という画に、 猫のことわざが描かれている。 国芳はほかにも多数の猫画を残した。

歌川国芳『たとえ尽の内』

  1. 猫を被る
  2. 猫に鰹節
  3. 猫に小判
  4. 猫の尻に才槌(さいづち)

 

【歌川国芳(うたがわ くによし)】

1797-1861年。浮世絵師。号は一勇斎・朝桜楼。初世歌川富国の門人。

武者絵・風景画・戯画に長じた。門人に、月岡芳年・落合芳幾・河鍋暁斎その他多数。

大変な愛猫家で、何頭もの猫を飼い、亡くなれば必ず戒名をつけ仏壇に祭ったという。 また、自身を絵に描きいれるときは、顔を出さなくても隣に猫を置くことで それが自分であることを示したり、本来の画号を使えない艶本には、 「猫」の文字を入れた号をつかって「私だよ」と暗示した。

トップに戻る

【猫を被る:文例】

熊谷達也
邂逅の森 』 ISBN:9784167724016 p.322

「なんだよ、気色悪わりい喋り方しやがって」
 小太郎が侮蔑を滲ませた声を投げつけると、意に介した様子もなくイクは笑った。
「なに言ってるね、あたしはいつもこうさ。小太郎、あんた、よけいなことを富治さんに吹き込んだら、ただじゃおかないからね」
「へっ、猫をかぶりやがって」と言ったあとで、小太郎が富治の耳に囁く。「姉貴の奴、さっそく兄貴に媚を売りはじめてる」

浅田次郎
赤猫異聞』ISBN:978410109277 p.120

手を握られましたとき、ああこの男は遊びを知らんなあと思いました。殿方のそうした本性と申すものは、見たきり話したきりではわかりません。遊び人ほど猫を被っているものでございますからね。でも、肌が触れたとたんにピンとくる。

トップに戻る

Google
Web全体 猫事典! 猫とネコとふたつの本棚

 


[ PR ]

猫バナー