猫のことわざ・故事成語

獅子に牡丹

牡丹に唐獅子

牡丹に唐獅子、竹に虎

竹に虎

説明 猫的解釈 雑学 文例

【意味】

配合やとりあわせが、良いことのたとえ。

絵柄として調和しているもののたとえ。

【類】

竹に雀 たけにすずめ

梅に鶯 うめにうぐいす

紅葉に鹿 もみじにしか

【対】

-

【外国では】

-

【参考文献】

言葉や意味は、ネットではなく、印刷物で調べました。

ほか、主な参考文献

トップに戻る

【猫的解釈】

こたつと猫

こたつと猫

しかし、猫はこたつの中では丸くはならない。 長く伸びているのが普通だ。 猫が丸くなるのは、こたつの外の布団の端に乗っているとき。

箱と猫

毛布と猫

トップに戻る

【雑学】

雑感

なぜ獅子は牡丹で、虎は竹なんでしょうね。

ライオンのたてがみは牡丹の花のように放射状に広がり、一方、トラの縦縞は竹の直線的な生え方に通じるからだろうか・・・ なんてことを考える管理人でした(汗)。

トップに戻る

【文例】

著者名
「書名」 page ISBN: 書評

(準備中)

トップに戻る

 


[ PR ]

猫バナー