猫のことわざ・故事成語

虎口を脱する

虎口を逃れる

説明 猫的解釈 雑学 文例

【意味】

きわめて危険な場所や状態から逃れること。

【類】

-

【対】

-

【外国では】

-

【参考文献】

言葉や意味は、ネットではなく、印刷物で調べました。

ほか、主な参考文献

トップに戻る

【猫的解釈】

保護された捨て猫ちゃん

捨てられ、さまよっていた猫。 この写真は、保護されて、餓死の危機を脱したとき。その後、里親様のところにもらわれて行きました。

トップに戻る

【雑学】

書籍:『虎口からの脱出』

景山民夫著。1990年。 第8回吉川英治文学新人賞受賞、 日本冒険小説大賞最優秀新人賞受賞。

“虎口”の名が付く地名

熊本県菊池市龍門虎口。 ただし、読み方は“こく”だそうだ。


大きな地図で見る

舌を出した猫


同じネコ科でも、猫の口なら何をしても可愛い (*^_^*)

トップに戻る

【文例】

著者名
「書名」 page ISBN: 書評

(準備中)

トップに戻る

 


[ PR ]

猫バナー