ねこまた(猫又/猫股)

ねこまた

意味

「広辞苑」第六版(岩波書店)より

【猫股・猫又】猫が年老いて尾が二つにわかれ、よく化けるといわれるもの。

「日本語大辞典」(講談社)より

【猫又・猫股】年をとった猫で、尾が二つに分かれ、よく化けるといわれる想像上のもの。

【参考文献】

成語林』旺文社、『広辞苑』岩波書店、『大漢語林』大修館書店、『四字熟語の辞典』三省堂、ほか。参考文献の全リストはこちら

ねこまた

平岩米吉『猫の歴史と奇話』より「猫股」について

犬研究で有名な平岩米吉氏ですが、猫の研究もしています。『猫の歴史と奇話』は日本の猫本史に残る名著です。

その中で平岩氏は「第1章 猫の歴史」の中の「七、日本の猫股伝説」で2ページ、さらに「第2章 猫股伝説の変遷」で30ページも使って猫股(猫又)について書いています。以下、その抜粋です。詳しくお知りになりたい方は是非本を入手して読んでください。猫股だけでなく、猫全般についての知識満載の超お勧め本です。

なお、平岩氏は文中で「猫股」と表記していますので、ここでもそれにならいます。

一、最初の猫股

藤原定家の日記『明月記』に登場した猫股が最古(天福元年(1233年)8月、奈良)。その後は、『古今著聞集』(建長6年/1254年)、『徒然草』(1331年頃)と続く。

中国では『明月記』より600年も前も隋の時代に「猫鬼(びょうき)」という妖怪が登場、人を殺傷したりしたという。また金花にいるという「金花猫」は、3年飼うと屋上に登って日月の精を吸って怪異をなしたという。

平岩氏は、日本の猫又はこれらの伝説が渡来したもので、「もっとも、中国ではたいがいの動物が化けたので、(中略)猫などは妖獣の末輩にすぎない。(page39)」と書いている。

猫股の形態

  1. 非常に大きいこと。『明月記』の「犬ぐらいの長さ」から、『今昔妖談集』(寛永(1624-1644年)時代の随筆集)の「大きさ一丈(三m余)なる猫」まで。
  2. 尾が二股であること。
  3. 啼き声が異常に大きいこと。

猫股の怪異

  1. 踊る。手ぬぐいをかぶって踊ることも。
  2. 物を言う。
  3. 狐と交わる。
  4. 人に悪夢を見せる。
  5. 死人を踊らせる。

猫股の悪行

  • 化けて婦女を犯す。
  • 犬を食う。
  • 人を食う。

猫股の変身

  • 老女に化ける
  • 性質が老女に似る
  • 老女が猫に変身する
ねこまた

以上、簡単に箇条書きにしましたが、本ではずっと詳しく書かれています。

吉田兼好『徒然草』に登場する猫又(室町時代)

『徒然草』に、人をとって喰うという猫又の話がでてきます。

第八十九段

奥山に、猫またといふものありて、人を食(くら)ふなる」と、人の言ひけるに、「山ならねども、これらにも、猫の経あがりて、猫またに成りて、人とる事はあなるものを」と言ふ者ありけるを、・・・(以下略)

【現代語訳】

「山の奥にはな、猫又という化け物がいて、人を捕って喰うそうじゃ」と、人々がうわさしていたら、中の一人が「山奥までいかなくても、ここら辺でも、猫は年老いたら猫又になって、人を食うことがあるらしいぞ」と言いました。

それを聞いたある僧侶。暗い夜道を怯えながら通っていたら、猫又に襲われて!しかし、その猫又の正体は、実は・・・という話です。

詳細はこちら↓をご覧ください。

ねこまた

根岸鎮衛『耳嚢(みみぶくろ)』の猫又(江戸時代)

『耳嚢』は、根岸鎮衛によって天明~文化の三十余年間にわたって書継がれた随筆集です。化け猫・猫又の話がいくつか出てきまが、その中に、猫又についての説明があります。その該当部分を書き出します。

巻之四 猫物を言ふ事

以下、現代語訳はnekohon、原文は岩波文庫、校注は長谷川強氏によるものです。

現代語(逐語訳ではありません)

寛政七年の春、牛込山伏町の何とかという寺院が、猫を可愛がっていたが、庭で遊ぶ鳩を狙っていたので、声を出して鳩を逃がしてあげたら、猫が「残念なり」と言ったので和尚さんは大いに驚いて、猫が勝手の方へ逃げようとしたのを抑えて小刀を出して、「お前、動物なのに物をいうとはあやしい。化け猫か、人をも騙すのか。もうバレちゃったのだから素直に言え。言わなきゃ、坊主は殺生をしてはいけないという掟を破ってお前を殺しちゃうぞ」と脅しつけたので、猫が答えるには「猫が言葉を話すのは、なにも自分に限ったことではありません、十年余りも生きればどの猫だって言葉くらい話します。それより十四、五年も過ぎれば、神通力をも得ちゃいます。でもそこまで長生きできる猫はいません」「ではお前が話せるのはわかったけど、まだ十年生きてないじゃないか」「狐と交わって生まれた猫は、十年に満たなくても話せるんですよ」「それなら、他に聞いている者もいなかったことだし、ずっと飼ってきたのだから今更困ることもないだろう。これまで通りここで暮らしなさい」と和尚さんが言ったので、猫は和尚さんを繰り返し拝んで出て行ったが、それきり行方不明になってしまったと、その近所に住んでいた人が言っていた。

原文と校注

寛政七年の春、牛込山伏町の何とか言へる寺院、秘蔵してを飼けるに、庭に下りし鳩の心よく遊ぶを睍(ね)らひける様子故、声を掛け鳩を逐ひ逃しけるに右、「残念也」と物言ひしを和尚大に驚き、右勝手の方へ逃しを押へて小束持(こづかもち)、「汝畜類として物を言ふ事奇怪至極也。全く化け候か、人をもたぶらかしなん。一旦人語を為す上は真直に尚又可申(もうすべし)。若(もし)いなみ候に於いては我殺生戒(せっしょうかい)を破りて汝を殺ん」と憤りければ、彼申けるは、「の物を言ふ事我等に不限(かぎらず)、拾年余も生き候へば都(すべ)て物は申ものにて、夫(それ)より拾四、五年も過候へば神変を得候事也。併(しかしながら)右之年数命を保(たもち)候無之(これなき)」由を申ける故、「然らば汝物言ふもわかりぬれど、未(いまだ)拾年の齢に非(あら)ず」と尋問しに、「狐と交りて生れしは、其年功なくとも物言ふ事也」とぞ答ける故、「然らば今日物言ひしを外に聞ける者なし。我暫くも飼置(かいおき)たる上は何か苦しからん。是迄(これまで)の通(とおり)可罷在(まかりあるべし)」と和尚申ければ、和尚へ対し三拝をなして出行(いでゆき)しが、其後はいづちへ行しか見へざりしと、彼最寄(もより)に住める人の語り侍る。

ISBN:9784003023120 page35-36

  • 牛込山伏町—新宿区谷山伏町。
  • 小束—刀の鞘の外側にさす小刀。

『耳嚢』詳細はこちら↓のページをご覧ください。

.

日本猫に短尾が多いわけ

上記の通り、猫が猫又になると「尾が二股に割れる」という特徴がありました。そのせいもあって、江戸時代には短尾の猫が好まれ、日本中に増えました。

猫好き画家・歌川国芳が描いた猫も、多くが短猫です。しかし、手ぬぐいをかぶって踊る二股尾の猫も混じっていますね。

※この中で猫又は、中央で手ぬぐいをかぶって踊っている三毛猫。尾は二股に分かれている。

この猫の尻尾も、見方によっては、二股に分かれている?

くるるん「ちがうよ~♡ハート型♡って呼んで!」

「ねこまた」の句

猫又の頭こつきり木の実哉(かな)《一茶》
こっきり=こつんと

ねこまたになりそうな三味(しゃみ)庄屋出し《柳多留※》

遣り手が綾いく度取っても猫俣《柳多留》

猫またの踊りにゃんにゃとほめる也《柳多留》

二股の猫けちらかす国家老《柳多留》
国家老=主君参勤の留守を預かった家老

猫股を退治てかへる国家老《柳多留》

猫股を捕へてみれば後の母《川柳》
後の母=継母

飼犬だのに猫またよゝ(ねこまたよ)《柳多留》
飼い犬を猫股とまちがえた

※柳多留=《誹風柳多留》《柳樽》とも。 1765年―1838年に167編刊行された川柳句集。

参考文献

ねこまたが出てくる小説など

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

「最古」の猫たち(日本史)

次の記事

猫間障子