猫型天体:宇宙の神秘

にゃんと猫型の天体が撮影されました♪ まずはその画像をぜひご覧あれ!

【注!】以下の画像はすべて、CHANDRA X-ray Observatory からダウンロードさせていただきました。この猫天体は https://chandra.si.edu/photo/2005/d316/ にあります。英文の説明も画像と一緒についてきたものです。画像が欲しい方は CHANDRA X-ray Observatory から直接ダウンロードしてください。私のページからの孫引きは決してなさらないでください。

DEM L316:Supernova Remnants Deconstructed

This is a composite X-ray (red and green)/optical (blue) image of two hot gas shells produced by supernova explosions. Although the shells appear to be colliding, it may be an illusion. Chandra X-ray spectra show that the shell of hot gas on the upper left contains considerably more iron than the one on the lower right. This implies that stars with very different ages exploded to produce these objects. The remnant on the upper left is from an old white dwarf star in a binary system, and the one on the lower right is from a much younger massive star, so the apparent proximity of the remnants is probably the result of a chance alignment.

Credit: X-ray: NASA/CXC/U.Illinois/R.Williams & Y.-H.Chu; Optical: NOAO/CTIO/U.Illinois/R.Williams & MCELS coll.

********************

【画像下の英文の和訳】

超新星爆発によって生じた高温のガスシェル2つを、X線(赤・緑)/光学(青)で合成した画像です。衝突しているように見えるが、錯覚である可能性がある。チャンドラのX線スペクトルによると、左上の高温ガスの殻は、右下の殻に比べてかなり多くの鉄を含んでいることがわかります。このことは、これらの天体を作るために、非常に異なった年齢の星が爆発したことを示唆しています。左上の残骸は連星系に属する年老いた白色矮星から、右下の残骸はもっと若い大質量星からで、両者が近接しているように見えるのは、偶然の一致によるものと思われます。

以上「DeepL翻訳ツール」使用

CHANDRA X-ray Observatory によるこの天体画像の説明

私は天体の専門家ではありませんから、以下、すべて「DeepL翻訳ツール」を使用した翻訳になります。原文は下のリンクでお読みください。

https://chandra.harvard.edu/photo/2005/d316/

DEM L316:Supernova Remnants Deconstructed 超新星残骸の分解画像

線(赤・緑)と光学(青)の合成画像で、大マゼラン星雲の中で爆発した二つの星の残骸が、猫のような形をしていることがわかる。高温のガスの殻がぶつかっているように見えるが、錯視である可能性がある。
チャンドラX線スペクトルによると、左上の高温ガスシェルは右下のシェルに比べ、かなり多くの鉄を含んでいることがわかる。この鉄の多さは、この超新星残骸が伴星から白色矮星への物質の流入によって引き起こされたIa型超新星の産物であることを示唆しています。
一方、下部の超新星残骸は、鉄の存在量が非常に少ないことから、若い大質量星の爆発によって生じたII型超新星であることがわかります。白色矮星は数十億年かけて形成されますが、若い大質量星は数百万年で爆発します。しかし、白色矮星は数百万年で爆発するのに対し、若い大質量星は数百万年で爆発します。そのため、このように近接しているのは、偶然の一致によるものだと考えられます。

Fast Facts for DEM L316:

Credit X-ray: NASA/CXC/U.Illinois/R.Williams & Y.-H.Chu; Optical: NOAO/CTIO/U.Illinois/R.Williams & MCELS coll.
Scale Image is 5.7 arcmin across
Category Supernovas & Supernova Remnants
Coordinates (J2000) RA 05h 47m 15.00s | Dec -69º 42′ 25.00″
Constellation Dorado
Observation Date 27 July 2002
Observation Time 10 hours
Obs. ID 2829
Color Code X-ray (Red 0.8-1.5 keV, Green 1.5-8 keV, Blue 0.3-8 keV); Optical (Purple)
Instrument ACIS
Also Known As WCD97 Shell A, WCD97 Shell B
References R. Williams & Y.-H. Chu, astro-ph/0509696
Distance Estimate About 160,000 light years
Release Date November 15, 2005
https://chandra.harvard.edu/photo/2005/d316/

その他の映像

↓この撮影方法だと、耳の輪郭はぼやけますが、尻尾が良く見えますね。

********************

This is a composite X-ray (red and green)/optical (blue) image of two hot gas shells produced by supernova explosions. Although the shells appear to be colliding, it may be an illusion. Chandra X-ray spectra show that the shell of hot gas on the upper left contains considerably more iron than the one on the lower right. This implies that stars with very different ages exploded to produce these objects. The remnant on the upper left is from an old white dwarf star in a binary system, and the one on the lower right is from a much younger massive star, so the apparent proximity of the remnants is probably the result of a chance alignment.

Credit: X-ray: NASA/CXC/U.Illinois/R.Williams & Y.-H.Chu; Optical: NOAO/CTIO/U.Illinois/R.Williams & MCELS coll.; Radio: ATCA/U.Illinois/R.Williams et al.

********************

※英文は最初の画像と同じものです。

日本語によるわかりやすい解説

こちらに、とてもわかりやすく解説したページがあります。ぜひご覧ください。

アストロアーツ 星を見る・宇宙を知る・天体を楽しむ https://www.astroarts.co.jp/index-j.html の中の 【めったにない偶然の産物、猫型天体】 https://www.astroarts.co.jp/news/2005/11/29dem-l316/index-j.shtml のページ

宇宙にいる猫たち?

宇宙にうかぶ猫としては、以下のようなものもあります。

宇宙に浮かぶ白猫

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


前の記事

猫城(福岡県)