猫の手星雲

The Cat’s Paw Nebula (NGC 6334)

【注!】以下の画像・動画はすべて、European Southern Observatory(ESO) からダウンロードさせていただきました。この猫天体画像や動画は「NGC 6334」と内部検索すれば出てきます。英文の説明も画像と一緒についてきたものです。画像が欲しい方は European Southern Observatory(ESO) から直接ダウンロードしてください。私のページからの孫引きは決してなさらないでください。

European Southern Observatoryより「猫の手星雲」について

以下、ESO内”The Cat’s Paw Nebula”(https://www.eso.org/public/images/eso1003a/)のページを自動翻訳したものです(「DeepL翻訳」使用)。

キャッツポウ星雲 (NGC 6334) は、広大な星形成の領域である。チリにある新羅天文台の口径2.2メートルMPG/ESO望遠鏡の広視野カメラで撮影した画像に、青、緑、赤のフィルターを通した画像と、水素の光を通す特殊なフィルターを通した画像を組み合わせて、NGC6334の新しいポートレートを作成した。NGC6334は、地球から約5500光年の距離にあるさそり座にある。ガス雲全体の大きさは約50光年。
NGC 6334 は、銀河系で最も活発に大質量星が誕生している星雲のひとつで、これまでにも多くの天文学者によって研究が行われてきました。この星雲には、過去数百万年の間に生まれたばかりの、太陽の10倍近い質量を持つ青い星が隠されています。この領域には、塵の奥深くに埋もれて研究が困難な星の赤ちゃんも多く存在します。キャッツポウ星雲には、合計で数万個の星があると考えられています。
星雲が赤く見えるのは、青や緑の光が、星雲と地球の間にある物質によって効率よく散乱・吸収されるからである。赤い光は、高温の若い星の強い光に照らされた水素ガスが主な原因です。
この画像は、ESOshopでマウント画像として提供されています。

ESO:The Cat’s Paw Nebula https://www.eso.org/public/images/eso1003a/ DeepL翻訳」使用
The Cat’s Paw Nebula (NGC 6334) is a vast region of star formation. This new portrait of NGC 6334 was created from images taken with the Wide Field Imager instrument at the 2.2-metre MPG/ESO telescope at the La Silla Observatory in Chile, combining images taken through blue, green and red filters, as well as a special filter designed to let through the light of glowing hydrogen. NGC 6334 lies about 5500 light-years from Earth in the constellation of Scorpius. The whole gas cloud is about 50 light-years across. NGC 6334 is one of the most active nurseries of massive stars in our galaxy and has been extensively studied by astronomers. The nebula conceals freshly minted brilliant blue stars — each nearly ten times the mass of our Sun and born in the last few million years. The region is also home to many baby stars that are buried deep in the dust, making them difficult to study. In total, the Cat’s Paw Nebula could contain several tens of thousands of stars. The nebula appears red because its blue and green light are scattered and absorbed more efficiently by material between the nebula and Earth. The red light comes predominantly from hydrogen gas glowing under the intense glare of hot young stars. This image is available as a mounted image in the ESOshop.
Credit:ESO

【画像文章の和訳】キャッツポウ星雲 (NGC 6334) は、広大な星形成の領域である。チリにある新羅天文台の口径2.2メートルMPG/ESO望遠鏡の広視野カメラで撮影した画像に、青、緑、赤のフィルターを通した画像と、水素の光を通す特殊なフィルターを通した画像を組み合わせて、NGC6334の新しいポートレートを作製した。NGC6334は、地球から約5500光年の距離にあるさそり座にある。ガス雲全体の大きさは約50光年。NGC 6334は、銀河系で最も活発に大質量星が誕生している場所のひとつであり、天文学者によって広く研究されている。この星雲には、過去数百万年の間に生まれたばかりの、太陽の10倍近い質量を持つ青い星が隠されています。また、この領域には、塵の奥深くに埋もれて研究が困難な多くの赤ちゃん星が存在します。キャッツポウ星雲には、全部で数万個の星があると考えられています。星雲が赤く見えるのは、青や緑の光が、星雲と地球の間にある物質によって効率よく散乱・吸収されるためです。赤い光の主な原因は、高温の若い星の強い光に照らされた水素ガスである。この画像は、ESOshopでマウント画像として提供されています。

DeepL翻訳」使用
Wide view centred on the Cat’s Paw Nebula (NGC 6334).
Credit:ESO/Digitized Sky Survey 2

Zooming in on ArTeMiS’s view of the Cat’s Paw Nebula NGC 6334

Credit:ArTeMiS team/Ph. André, M. Hennemann, V. Revéret et al./Digitized Sky Survey 2/J. Emerson/VISTA/S. Guisard (www.eso.org/~sguisard)/S.Brunier. Acknowledgment: Cambridge Astronomical Survey Unit. Music: movetwo

Cross-fading between infrared VISTA and submillimetre ArTeMiS views of NGC 6334

Credit:ArTeMiS team/Ph. André, M. Hennemann, V. Revéret et al./ESO/J. Emerson/VISTA. Acknowledgment: Cambridge Astronomical Survey Unit.

宇宙にいる他の猫たち

宇宙に浮かぶ肉球

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


次の記事

梅の花