猫のことわざ・故事成語

猫の手も借りたい

節季師走には猫の手も借りたい

説明 猫的解釈 雑学 文例

【意味】

(1)非常に忙しいこと。 人手が足りず誰でも良いから手伝ってくれる人が欲しいこと。

(2)盆と年末になると、商家などでは手伝ってくれる人であれば 誰でもかまわず頼みたい忙しさになるということ。 「節季」は盆暮れなど商店の決算期、「師走」は12月のこと。

猫の手

【類】

-

【対】

-

【外国では】

(英)Be as busy as a bee.直訳:蜂(ビー)のように忙しい(ビジー)。

猫の手

トップに戻る

【猫的解釈】

世の中にはデザインに困ると何でもボク達猫の手の肉球模様を描いて済ませる人種がいる。手紙の終わり、ページの余白、シャツやエプロンのワンポイント。車体に肉球シールをペタペタ貼って悦に入っている人もいるそうだ。

そこで人間は、デザイン的にどこか間が抜けていたり、なんとなく物足りない場合に「猫の手も借りたい」と言うようになったらしい。

でも、ボクに言わせれば、下手にデザインで悩む前に、最初から肉球模様にしておけば良いのさ。なんならボクが泥足で歩いてあげようか?ほら、足跡ぺたん、ぺたん!

肉球足跡のついたピアノ

*猫の手(肉球)をご覧になりたい方、こちらにたくさんあります♪
  猫様パーツ展魅惑の肉球

トップに戻る

【雑学】

猫の手を借りると・・・

猫に破られた障子紙

トップに戻る

【猫の手も借りたい:文例】

戸川幸夫
『カミさんと鼠』(=『虎は語らず』 収録)ランダムハウス講談社文庫 p.319

・・・御言葉の通り、親として直ぐにでも上京するところだが、いまはリンゴの受粉期で、猫の手も借りたいぐらいに忙しいので、一段落するまで上京できない。よろしくお願いする、という文面であった。・・・

トップに戻る

Google
Web全体 猫事典! 猫とネコとふたつの本棚

 


[ PR ]

猫バナー