鳴く猫鼠捕らず

なくねこねずみとらず

【意味】

口数が多く自己宣伝をする者に限って 実行力がなく、実際の役にたたないということ。

【類】

鳴かぬ猫は鼠を捕る なかぬねこはねずみをとる

喰い付く犬は吠え付かぬ くいつくいぬはほえつかぬ

吠える犬は噛みつかぬ ほえるいぬはかみつかぬ

能無し犬は昼吠える のうなしいぬはひるほえる

能無し犬の高吠え のうなしいぬのたかぼえ

能無しの口叩き のうなしのくちたたき

口では大阪の城も建つ くちではおおさかのしろもたつ

【対】

猟ある猫は爪を隠す りょうあるねこはつめをかくす

能ある鷹は爪を隠す のうあるたかはつめをかくす

上手の鷹が爪かくす じょうずのたかがつめかくす

【参考文献】

成語林』旺文社、『広辞苑』岩波書店、『大漢語林』大修館書店、『四字熟語の辞典』三省堂、ほか。参考文献の全リストはこちら

【猫的解釈】

おしゃべりな猫は、かわいいって意味ニャ。

猫

現代の猫は、ネズミを捕らない方がありがたいのです。 血だらけのネズミが枕元にあったらギャ~~なのです。 今は、ネズミとお友達の猫こそ良い猫なのです。 そしておしゃべりの猫はきゃわいいのです♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA