鼠無きを以て捕らざるの猫を養うべからず

ねずみなきをもってとらざるのねこをやしなうべからず

【意味】

ネズミがいないからといって、飼い猫は ネズミを捕れないような駄猫でもよいというわけにはいかない、ということから 、能力のない者、役に立たない者は養っておけないというたとえ。

【参考文献】

成語林』旺文社、『広辞苑』岩波書店、『大漢語林』大修館書店、『四字熟語の辞典』三省堂、ほか。参考文献の全リストはこちら

【猫的解釈】

棒を齧る猫

ネズミを捕らない猫ではあるけど、この猫、・・・

棒を齧る猫

することなすこと、楽しくて可笑しいんだにゃ。 こういう猫なら飼う意味、おおいにあります♪

【雑学】

この諺の出典

「鶴林玉露(かくりんぎょくろ)」一七

東坡(とうば)云う、猫を養いて以て鼠を捕らう。 鼠無きを以て捕らざるの猫を養うべからず。 犬を畜う(やしなう)は以て姦(=盗賊)を防ぐ。 姦無きを以て吠えざるの犬を畜うべからず。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

鼠も虎の如し

次の記事

鼠捕らずが駆け歩く