猫のことわざ・故事成語

雀の上の鷹、猫の下の鼠

説明 猫的解釈 雑学 文例

【意味】

危険が近くに迫っていること。また、下位の者には強くても上位の者にはかなわないこと。

【類】

-

【対】

-

【外国では】

-

トップに戻る

【猫的解釈】

猫の下といえば、ふかふかのクッションだよ。でなければ、にんげんのひざだよ。ネズミにゃんて、ありえないニャン。

トップに戻る

【雑学】

危険な状況が迫っている!!

日本国には二種のヤマネコが生息していることはご存じだろう。 西表島のイリオモテヤマネコと、対馬列島のツシマヤマネコだ。

では、それらのヤマネコたちの生息数はご存じだろうか?

いずれも100頭未満。 非常に危機的状況である!!

ちょっと想像してみてほしい。

一クラス35人の小学校。それが一学年3クラスで105人。 もし全世界中で、一学年105人より少ない人数しか、人類が残っていないとしたら? そこへ伝染病が持ち込まれたら? あっという間に人類絶滅だ。

狭い日本の小さな島で、かろうじて生き残ってくれたヤマネコたち。 絶滅しないよう、日本人全体が協力してほしいものだ。

猫

ツシマヤマネコとイエネコの違い

ツシマヤマネコは、対馬列島にだけ生息している小型のヤマネコである。 大きさはイエネコとほぼ同じ。 ふつうの人がみたら、まずイエネコと間違えるだろう。

ツシマヤマネコとイエネコの区別の仕方は、以下のような点。

  • ツシマヤマネコは、イエネコに比べ、耳が小さい。
  • 耳の裏に白い斑点がある。
  • イエネコの耳の方が比較的大きく、より三角形に尖っている。
  • ツシマヤマネコの体は胴長で短足、体に比べ尾が太くて長い印象がある。 シャムネコのようなスレンダー体型のツシマヤマネコはいない。
  • ツシマヤマネコの目の虹彩は橙褐色で、瞳孔は縦長の楕円形に収縮する。 イエネコの虹彩はブルー、グリーン、オレンジ、カッパーなど 様々な色があり、瞳孔は針のように細く収縮する。

※参考文献:『ツシマヤマネコの百科』 山村辰美著 データハウス

ところで、ツシマヤマネコにとって、ネズミ類は主食。 ネズミという動物は人間と密接な関係がある。 対馬列島も過疎化・高齢化が進み、耕作地が減ってしまった。 その結果、人間生活に頼るネズミも減り、 ヤマネコも絶滅の危機に立たされてしまった。

今、 「ツシマヤマネコを守る会」 の人々は、 山間部に放置された農地を借り上げソバなどを育てている。 人間用ではない。 ネズミその他野生動物の餌用だ。

*あなたも 「ツシマヤマネコを守る会」 に入会しませんか? 年会費わずか数千円円で、ツシマヤマネコ保護に貢献できます。 詳細はホームページで。

ツシマヤマネコを守る会

猫団子

毛布の上の猫団子、猫団子の下の人。お、重い~!

トップに戻る

【文例】

著者名
「書名」 page ISBN: 書評

(準備中)

トップに戻る

Google
Web全体 猫事典! 猫とネコとふたつの本棚

 


[ PR ]

猫バナー