猫のことわざ・故事成語

獅子奮迅

獅子奮迅の勢い

説明 猫的解釈 雑学 文例

【意味】

獅子が奮い立って走り回る意から、すさまじいまでの速さ・勢いで動き回ること。

また人の勢いの盛んなことのたとえ。

【類】

-

【対】

-

【外国では】

-

トップに戻る

【猫的解釈】

じゃれて大暴れする子猫

トップに戻る

【雑学】

出典

「法華経」諸仏獅子奮迅の力。

ライオンの交尾

以下、小原秀雄著 『ライオンはなぜ「人喰い」になったか』 から引用させていただく。

発情周期は、ある研究では野生で一六ヶ月から二週間である。 かなりの幅がある。栄養状態などの条件がよいときには、二週間ごとに発情する。発情は一~二一日間続く。 つまり、一日で終わってしまうこともあれば、三週間続くこともあるのだ。ふつうは、二~四日の発情期で、二週間から数ヶ月間の間隔で年の一回以上発情する。 妊娠期間は一〇〇~一一九日である。 だいたい五回の発情で一回、出産にまでいたるとみられる。

メスは、ときにはしつこく交尾をくり返す。 ドレスデンの動物園の例では、二頭のライオンが八日間に三六〇回、交尾したという。 一頭のメスが、数頭のオスと交尾することも、まれではない。 しかし、発情していなければ、オスが近寄っても攻撃を加えて追い払う。 つまり、ライオン社会にレイプはない。

しかしライオンの妊娠率は低く、飼育ライオンの観測例では、1500回に1回の割合で妊娠したという。 ずいぶん低率だ。 これは交尾が、単に妊娠のためではなく、「個体間関係の親和的機能の一つとなる面もある」からだそうだ。

これは、イエネコが、発情して交尾すれば ほぼ100%妊娠してしまうのとは率が違う。

ライオンは交尾を楽しめるほどの強者である一方、イエネコの祖先リビアヤマネコは、子孫を残すだけで必死になるほど弱者であったということだろうか。

弱者といえば、ウサギも自然界では弱者も弱者、捕食されるだけの動物といってよいほど弱い立場だ。 鋭い門歯や力強い後肢は、肉食動物相手の武器としては何の役にも立たない。 ウサギは逃げることしか考えていない動物である。

ネコもウサギも、交尾排卵 (交尾の刺激で初めて排卵が起こる)する動物である。 ウサギの交尾は猫よりずっと短い。 雄雌が出会うと、雄がいきなりマウンティングして奇声をあげ、 パタンと横に倒れる。 その間、わずか数秒。 それで妊娠してしまう。 猫のように何回も交尾をくり返す必要さえない。

ライオンが、5回の発情で妊娠1回という、野生動物としては相当優雅な生活を送れるのは、ライオンならではと言えるのかもしれない。

もっとも、そのライオンの子でさえ、二歳の亜成獣になるまで生き残れる確率はわずか20%だそうだ。

猫とウサギ

我が家では猫とウサギが仲良く同居していた。 子供の時から一緒なら、猫とウサギは案外相性が良いようだ。

トップに戻る

【文例】

向田邦子
『胡桃の部屋』 文春文庫「隣りの女」収録 page123 ISBN:9784167277048 Amazon

踵のペチャンコな靴にはき替え、胸を張って勇ましく歩くときには、 水前寺清子が一番いいことが判ったのである。

一日一歩三日で三歩
三歩進んで二歩さがる
・・・・・・・・・

その通りの三年間だった。

獅子奮迅と猪突猛進。ライオンと猪を一日置きにやっていた。

桃子は職場にも父の家出を言わなかった。

トップに戻る

Google
Web全体 猫事典! 猫とネコとふたつの本棚

 


[ PR ]

猫バナー