猫のことわざ・故事成語

猫も杓子も

説明 猫的解釈 雑学 文例

【意味】

誰も彼も。どいつもこいつも。

*補足*

「女子(めこ=女)も弱子(じゃくし=子供)も」の転か。 一説に、杓子は主婦をさし、家内総出の意味から。

また、猫を珍しいもの、杓子を どこの家にもある珍しくないものと見、どれもこれもの意とする説も。
(補足は『成語林』より引用)

【類】

-

【対】

-

【外国では】

-

トップに戻る

【猫的解釈】

並んでこっちを見ている猫達

トップに戻る

【雑学】

杓子とは

  1. 飯または汁などの食物をすくいとる具。 頭は小皿のようでこれに柄をつけたもの。 古くから木製と貝製とがあり、飯をすくうものを 飯匙(めしがい)と称した。 現在はステンレスなどの金属製が多い。 しゃもじ。
  2. (1)の頭のように丸くて中凹みの形。
  3. (杓子を家事の象徴として)主婦の座。
  4. いが栗の中で、身がはいっていない、(1)の形をした栗。
  5. (飯盛の意)賤妓・私娼の称。しゃくしかけ。

(以上『広辞苑』より引用)

平岩米吉著『猫の歴史と奇話』より

(前略)
 このほか、猫の死体を三つ叉の道の傍に埋め、その上に杓子を立てる習慣があったというが、その理由ははっきりしない。
  昭和四十八年五月、読売新聞に山本友一氏の選で「猫の屍むくろ葬はふるならはし山路の三叉の傍に杓子立てあり」という歌が載った。作者は埼玉県秩父郡皆野町の四方田民雄氏である。そこで、同氏にお尋ねしたところ、古老の言葉として、次のような報告を受けた。
「猫は鼠などが台所を荒らすのを防いでくれるので、感謝の意味から、その葬った場所に台所の物(杓子とは限らない)を立てる。また、三方の辻(三つ叉のこと)を選ぶのは、そのような所は、人通りが多いので、なるべく多くの人に拝んでもらうためである。」
(中略)
  なお、杓子を用いるのは、猫と杓子を取り合わせた諺と何か関係があるのではないだろうか。
「猫も杓子も」は言うまでもなく、誰も彼もという意味だが、その由来には、いろいろな説があるようだ。たとえば『さへづり草』には「禰子も杓子も」から出たものだろうとあり、また『一休咄』には洒脱の高層、一休禅師(一三九四~一四八一年)の歌をその出典として掲げてある。即ち「生まれては死ぬるなりけり、おしなべて釈迦も達磨も猫も杓子も」である。(p.29-30)

『猫の歴史と奇話』は力作です。お時間があれば、ぜひ。

百猫一首

*もっとご覧になりたい方は→百猫一首

猫に杓子はおすすめ

猫にはお玉が便利です。

いえ、玉という名前が便利という意味ではなく 猫の採尿をするときに、小さなお玉を使うと 便利だという話です。

猫は下部尿路疾患(F.L.U.T.D.)にかかりやすい動物です。 特に雄猫は尿道が先細りに細いため、 結晶(尿結石)がつまりやすく、 排尿できずにいると尿毒症を発症し、 数日で死んでしまうこともあります。

そのため、少しでもおかしいとおもったら 採尿して獣医さんに調べて貰う必要があります。

でも、猫さんに「はい、ここにチーして」 なんて容器を差し出しても、してくれるワケ無く 採尿には苦労します。

そんな時に活躍するのが「お玉」。 100均で小さめのを一つ用意しておきましょう!

ぬいぐるみを使って採尿の仕方

トップに戻る

【猫も杓子も:文例】

熊谷達也
相剋の森 』 ISBN:9784087460964 p.373 書評

それから今日まで、幾度か廃刊の危機に見舞われはしたが、どうにか生きのこってきた。猫も杓子もという一時期のアウトドアブームは去ったにせよ、今の経済の落ち込みが、かえってうちのような雑誌社が生きながらえる環境を作っているのだと、加賀美は自嘲気味に言った。

※東北の大自然の中で暮らす、昔ながらのマタギ達とツキノワグマ達を、壮大なスケールで描いた名著です。小説としても抜群に面白いが、自然/動物保護を考える最高の資料でもあります。)

トップに戻る

Google
Web全体 猫事典! 猫とネコとふたつの本棚

 


[ PR ]

猫バナー