猫のことわざ・故事成語

張り子の虎

説明 猫的解釈 雑学 文例

【意味】

弱いくせに虚勢を張る者のたとえ。

玩具の張り子の虎の動きから、ただうなずくだけで主体性のない人、首をふるくせのある人などにもたとえられる。

【類】

-

【対】

-

【外国では】

-

トップに戻る

【猫的解釈】

黒い子猫

威勢をはる子猫? (*^_^*)

トップに戻る

【雑学】

「寅(とら)」とは

虎と言えば猛獣のトラのことだが、では寅とは?

寅=とら、イン

  1. とら。
     (a) 十二支の第三位。
     (b) 月では陰暦の正月。
     (c) 時刻では、今の午前四時、およびその前後二時間。
     (d) 方位では東北東。
     (e) 五行では木。
     (f) 動物では虎。
  2. ひく(引)。
  3. つつしむ(敬)。
  4. 大きい(大)。

(以上 『広辞苑』より)

岡本綺堂 『半七捕物帳 : 張子の虎』

岡本綺堂の人気シリーズ 『半七捕物帳シリーズ』 の中に『張子の虎』 という作品がある。 張子の虎が作品を彩るアクセントとして効果的に使われている。

幸い、青空文庫で無料購読できるので、興味のある方はぜひ。
http://www.aozora.gr.jp/cards/000082/files/1056_15008.html

これをお読みになって面白いと感じれば、『半七捕物帳』 全巻を購入されることをお勧めしたい。 テンポの良い文章、スパスパと解決していく心地よさ、読んでいるうちに体の奥に貯まったストレスがするっと抜けてしまう切れ味である。 面白い。

【参考文献】
●『半七捕物帳シリーズ』  岡本綺堂著  光文社文庫

黒い子猫と大人猫

トップに戻る

【文例】

著者名
「書名」 page ISBN: 書評

(準備中)

トップに戻る

Google
Web全体 猫事典! 猫とネコとふたつの本棚

 


[ PR ]

猫バナー