猫の首に鈴/猫の首に鈴を付ける

ねこのくびにすず

ねこのくびにすずをつける

【意味】

計画の段階ではとても良い案に思えるのだが、いざ実行しようとすると非常に難しいこと。

誰も実行できる人がいないこと。

鼠たちが、猫の近づくことがわかるように、猫の首に鈴を付けようと決めたが、それを実行できる鼠が一匹もいなかったことという ラ・フォンテーヌ(フランス、1621-1695)の『寓話 』からでたことば。

【類】

言うは易く行うは難し いうはやすくおこなうはがたし

【外国では】

(英)Bell the cat. 直訳:猫に鈴をつける。

【参考文献】

成語林』旺文社、『広辞苑』岩波書店、『大漢語林』大修館書店、『四字熟語の辞典』三省堂、ほか。参考文献の全リストはこちら

【猫的解釈】

そうでなくても可愛い猫が、鈴をつけるともっと可愛くなる、という意味にゃ。でも、鈴ってうるさいから、本当は迷惑なのにゃ。

首輪に鈴をつけた子猫

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA