虎の口より人の口恐ろし/虎狼より人の口恐ろし

とらのくちよりひとのくちおそろし

とらおおかみよりひとのくちおそろし

【意味】

虎や狼による被害なら防ぎようもあるが、人の陰口や中傷は防ぎようが無く、恐ろしいものだということ。

【類】

人の口恐ろし ひとのくちおそろし

人の口には戸が立てられぬ ひとのくちにはとがたてられぬ

口さがなきは下衆の常 くちさがなきはげすのつね

人の噂は倍になる ひとのうわさはばいになる

【対】

人の噂も七十五日 ひとのうわさもしちじゅうごにち

【参考文献】

成語林』旺文社、『広辞苑』岩波書店、『大漢語林』大修館書店、『四字熟語の辞典』三省堂、ほか。参考文献の全リストはこちら

【猫的解釈】

大人猫にかぶりつく子猫

血縁関係がないにもかかわらず、捨てられていた子猫を 可愛がる大人猫たち。うちの猫たちのうち、4ニャンが茶トラですが、 茶トラ全員がなぜか子猫好きです。子猫はしたい放題です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

虎の子渡し

次の記事

虎の巻