猫のことわざ・故事成語

竜虎の勢い

説明 猫的解釈 雑学 文例

【意味】

竜や虎のように、勢いがすさまじい様。

【類】

-

【対】

-

【外国では】

-

【参考文献】

言葉や意味は、ネットではなく、印刷物で調べました。

ほか、主な参考文献

トップに戻る

【猫的解釈】

今は、猫の方が勢い盛んニャ!今は猫の時代ニャ!

ずらりと並んだ猫達

トップに戻る

【雑学】

恐竜の勢い

竜と言えば、まず連想するのが恐竜。

恐竜は絶滅したのだから不完全な種だったとか、人類を含む現生種の方が生物学的に勝れている、という評は、正しくないと思う。

恐竜たちは、1億6000万年以上もの長きにわたって地上を支配した。 ニワトリサイズの小さなものから、全長30mを越える巨大な竜脚類まで。

そして、その恐竜たちから派生した一派が進化して現在の鳥類となった。 とすれば、恐竜は絶滅したのではない、まだ恐竜の時代が続いているのだ。

虎と剣歯虎

一時期、大変な勢力を持っていた剣歯虎たち、 別名サーベルタイガー(正しい英名は Saber-toothed Tiger)。

剣歯虎は、現生のトラたちの直接の祖先ではない。 スミロドンに代表されるマカイロドゥス亜科はすでに絶滅した。

スミロドンたちにかわって勢いを得たのが現在のトラやライオン、ヒョウたち・・・だったはずだけれど、彼らも人間に追われて数を激減させてしまっている。

ネコ科動物の中で、今現在、もっとも数が多く最も勢いがあるのは、他ならぬイエネコ Felis catus種である。 日本列島だけで1300万頭を越える猫たちが暮らし、その多くはダンナより優遇されている(^_^)。

竜はもとより架空の動物だし、虎も風前の灯火状態。 今や「竜虎の勢い」ではなく「飼い猫の勢い」と言い換えるべき!?

【参考文献】
  ●『人類はいつから強くなったか』 實吉達郎著 祥伝社黄金文庫

トップに戻る

【文例】

著者名
「書名」 page ISBN: 書評

(準備中)

トップに戻る

 


[ PR ]

猫バナー