鯨寄る浦、虎伏す野辺/虎伏す野辺、鯨寄る浦

いさなよるほ、こふすのべ

とらふすのべ、いさなよるうら

【意味】

野生の虎が生息する野、鯨が泳ぎ寄ってくる海辺の意から、人跡稀な土地、未開な土地のこと。

【参考文献】

成語林』旺文社、『広辞苑』岩波書店、『大漢語林』大修館書店、『四字熟語の辞典』三省堂、ほか。参考文献の全リストはこちら

トラ

【猫的解釈】

さいきんはね、「金魚寄る水槽、虎猫伏す窓辺」って言うそうにゃよ。つまり、これは、とても幸せな家庭をしめす諺になったのにゃ。

ひらひらをつけた猫と金魚鉢

トロが首に巻いているのはピンクのトイレレットペーパーです。

【雑学】

クジラについて

クジラは大きく分けると次の3つに分けられる。

  • ムカシクジラ亜目(絶滅)
  • ヒゲクジラ亜目
       ナガスクジラ、ホッキョククジラ、ザトウクジラなど。
  • ハクジラ亜目
       マッコウクジラ、シャチ、マイルカ、イッカク、スナメリなど。

●イルカは生物学的にはハクジラの一種。 慣用的に、体長4m以上をクジラ、それ以下をイルカと呼ぶ。

●シロナガスクジラは地上最大の動物。 最大体長33m以上、体重約190トンという記録があるという。 平均サイズは24~27mくらいで、雌の方がやや大きい。 新生児のサイズは7m、体重約2.5トン。 さすが巨大な赤ちゃんではある。 学名Balaenoptera musculus.

●マッコウクジラは驚異の潜水能力を持っている。 わずか8分で1000mの深さまで潜り、好物のダイオウイカを捕食する。 解体記録によれば、マッコウクジラの胃の中から 深海にしか棲まないサメが出てくることがあり、 それから推測すると、マッコウクジラは少なくとも 3000mの深さまで潜水可能であるらしい。 またマッコウクジラは現生するクジラ類の中で 一番古くから生息していたらしく、 中新世(2500万年前~500万年前)の地層から化石が発見されている。 学名Physeter macrocephalus.

●海から川に戻ったカワイルカ達。 ガンジスカワイルカ、インダスカワイルカ、ヨウスコウカワイルカ、 アマゾンカワイルカと、それぞれの名が示す通り 大きな川に生息している。

今世紀に入って、ヨウスコウカワイルカはおそらく絶滅した。 他の種も数を減らし、危惧されている。 彼らの特徴は視覚がほとんど退化してしまっていること。 そのかわり、エコロケーション能力が高度に発達した。 なお、ラプラタカワイルカは浅い海に住むカワイルカで、 生息地はラプラタ川河口およびその近海。

●日本でホエールウォッチング(鯨観察)の名所といえば:

  • 室蘭沖(北海道)
       ミンククジラ、コビレゴンドウ
  • 小笠原沖(東京都)
       ザトウクジラ
  • 室戸沖(高知県)
       ハナゴンドウ、コビレゴンドウ、マッコウクジラ
  • 座間味沖(沖縄県)
       ザトウクジラ

【参考文献】

猫

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA